蓄電システム

蓄電システムとは?

10600162

自然エネルギーを活用することができる太陽光発電。日中は、家庭で発電した電気を使用することができるので大変経済的であり、かつエコに貢献できるとして注目されています。ただ、太陽光発電により日中発電した電気は、その発電システムだけではためておくことができません。

そこで、注目されるのが蓄電システムです。この蓄電システムがあれば、日中の余った電気を蓄積することが可能。夜間など太陽光発電がおこなわれていないときに、ためておいた電気を使用することができるので無駄がありません。
また、突然の停電や災害時にも役立てることができます。

現在、産業用だけでなく家庭用の蓄電システムも普及してきていますので、これから導入を検討される方のために、その仕組みについて詳しくご説明しましょう。

蓄電システムのしくみ

蓄電池とは

24683849

蓄電システムには蓄電池(充電式電池)が欠かせません。通常の生活で多く使用されている乾電池は一回だけの使い切りタイプですが、この蓄電池は充電をすることにより、何度でも繰り返し使用することができます。

身の回りでこの蓄電池を使用しているものとしては、携帯電話、ノートパソコン、自動車などが挙げられますが、住宅に使用する場合は、大容量の蓄電池(鉛蓄電池、もしくはリチウムイオン電池)が必要です。

この蓄電池を太陽光発電システムと合わせて使用することで、発電した電気を無駄なくためて使用することができるのです。

蓄電のしくみ

昼間ソーラーパネルで発電した電気は、家の中で使用しますが、余剰があれば蓄電池に蓄積されます。夜になるとソーラーパネルでの発電はできなくなりますので、蓄電池にたまった電気を使用することになります。
それでも不足する場合は、電力会社から電気を購入することになります。

そして、深夜の時間帯は、ほとんど電気を使用することはありませんので、電力会社の深夜割引で安くなった電気を購入し、蓄電池に充電します。

電気供給のしくみ

具体的には、蓄電池システム用分電盤が蓄電池にたまった電気を、あらかじめ設定してある家庭内の電化製品などに供給するというしくみになっており、突然の停電時には自動で電気を供給するため安心です。

メリットと効果

上記でも少しご説明しましたが、蓄電システムを使用することでメリットが生まれます。

Point自然災害に備えることができるので安心・安全!

23466507最近、日本においては自然災害があちらこちらで発生しており、緊急事態に備えることの必要性が叫ばれています。

重要なポイントは、ライフラインがストップしたときの対策です。生死にかかわることですので、電気が使用できない生活はかなりの苦痛を伴いますので、恐怖心も想像以上に大きいものとなるはず。

しかし、蓄電システムがあれば、停電時でもあらかじめセットしておいた電化製品に電気が供給されるため、心配いりません。部屋も明るく照らすことができますし、冷蔵庫もそのまま使用できます。また、スマホなどの充電ができますので緊急連絡に使用することが可能。テレビをつけることもできるので、状況をリアルタイムで把握することができるでしょう。

  • 夜間は、割引のある電力会社の安い電気を購入!
    電力会社の深夜の電気は非常に割安です。そのため、夜間に電気を購入し蓄電システムにためておくことができれば、日中太陽光発電による電気が不足している場合に利用できるので経済的です。
  • 自然エネルギーを使用することでエコに貢献!
    蓄電システムと太陽光発電システムとの併用により、将来的には自然エネルギーだけで生活を送ることが実現します。つまり、地球環境にやさしいエネルギーの実用化でエコに貢献することができるでしょう。

このように、蓄電システムは、普段の生活の中で電気を“リーズナブル”に使用できるという経済的メリットと、災害時にも電気を使用することができる“安心”という付加価値を与えてくれる理想のシステムといえるでしょう。

2019年問題と住宅ローン

    

蓄電システムに関するQ&A

Q.太陽光発電ついてなくても使える?

A.はい、太陽光発電がついてなくても蓄電池単体で使えます。夜間の安い電気料 金で「ためた」電気を、電気料金の高い昼間に使うので経済的メリットがかなりあります。
※ 東北電力管轄 よりそう+ナイト(時間帯別電灯※旧やりくりナイト)でご契約の場合。

Q.非常時に使えますか?

A.はい、使うことができます。
停電の場合は自動で自立運転に切り替えられるので、いざという時も安心です。

Q.蓄電池の寿命はどのくらいですか?

A.メーカーによっても違いますが、4000サイクルから15000サイクルまで使えるものがありますので期待寿命は20年以上といわれています。

Q.蓄電池を設置すると太陽光の売電量は増やせますか?

A.深夜に充電した電力を日中に使用すれば、太陽光の売電量が上がります。

Q.太陽光発電と蓄電池のメーカーが違くても使えますか?

A.はい、安心して使えます。
しかしメーカーによっては相性が合わない場合もありますのでスタッフにご確認下さい。

Q.補助金はいくらもらうことができますか?

A.各都道府県や市町村から補助金が支給される場合があります。金額は、システム・件数・受付期間などの条件により異なります。
自治体によっては補助金を交付しているところもあります。詳細は弊社ホームページに載せていますので、詳しくはホームページに掲載してる申請窓口までお問い合わせください。 ご不明な点がございましたら弊社フリーダイヤルまでお気軽にお問い合わせください。

施工の流れ

※太陽光発電シテスムと蓄電システムの併設をご希望の場合

STEP1お問い合わせ

お客様からのお問い合わせに対し、ていねいにお答えいたします。お問い合わせフォームからいただいた場合は、後日お電話、もしくはメールにてご返事させていただきます。

STEP2現地にて調査

現地にお伺いし、屋根、発電に必要な日照条件、周辺の住宅などの環境について無料調査をさせていただき、設置が可能かどうかの判断をさせていただきます。また、合わせてお客様からのご要望などをお伺いし、その目的に合わせてぴったりのプランを検討いたします。

※既に太陽光発電システムを設置済みで、蓄電システムの後付けをご希望の場合は、お伺いした際に、現在の太陽光発電システム、HEMSシステムなどについてお話をお伺いし、パワーコンディショナーなどの関連機器との相性などにつきまして調査・検査などをさせていただきます。

STEP3お見積書の提出

ご要望、調査内容を踏まえ、お客様に最適な見積りプランをご提案いたします。どのメーカーのどの程度の大きさのパネルを使用し、どのくらいの経済的な効果を得ることができるのか、詳細につきましてご説明させていただきますので、検討される際の判断材料にしていただくことが可能です。

※蓄電システムのみ後付けされる場合は、システムの価格、取り付け工事などにつきまして、ご提案させていいただきます。

STEP4ご契約

私どものご提案に問題がなければ、ご契約となります。

STEP5施工開始

お約束した施工日時に作業員がお伺いし、施工を開始します。天候などにより若干の変更の可能性もございますが、おおかた1~2日で完了する見込みです。

STEP6施工完了に伴うご説明

施工が完了しましたら、使用方法などにつきまして具体的なご説明をさせていただきます。

STEP7アフターフォロー

当社は、施工後の不具合などにつきましてアフターフォローを行っておりますので、ご安心ください。お困りのことが発生した際は、遠慮なくご連絡ください。

営業エリア

宮城県、青森県、岩手県、秋田県、福島県、山形県

エネファーム、蓄電システム、太陽光発電システム、HEMSシステム、オール電化、ガス給湯器の販売及び施工、住宅リフォーム(電気、塗装、外壁、内装、他)のことなら住環境Smileへ!

お気軽にお問合せください。