記事一覧

今年も、宮城県の太陽光発電と蓄電池の補助金制度がスタートしました! (「スマートエネルギー住宅普及促進事業補助金」) ■太陽光発電の補助金は40,000円/件 (受給契約書が平成30年12月1日~令和元年11月30日までが対象) ■蓄電池の補助金は80,000円/件 (購入が平成30年12月1日~令和元年11月30日までが対象) 申請期間は令和元年5月13日(月) ~ 令和元年12月27日(金) ・・・

記事を読む »

記事を読む »

 いつもご覧いただきありがとうございます。  さて、今回ご紹介するのは太陽光発電システムのレンタルについてです。 皆様、太陽光発電システムは買わなきゃつけられないと思っていませんでしたか?? そんなことありません‼ 10年間リース契約(所有者:TEPCOホームテック様)したら、リース契約終了後の 所有者は施主様になるんです‼ 詳しい情報を掲載しますので、ご購入をお悩みま・・・

記事を読む »

太陽光発電設置 契約~売電までの流れ

2019年01月12日(土)3:48 PM
いつもご覧いただきありがとうございます♪   最近、太陽光発電設置までに関するお問合せが増えてきております。 ご契約から設置に至るまでの流れをご説明いたしますので、ご覧ください 🙂  STEP1~3までは無料で行いますので、是非お気軽にお問合せ下さい 💡  💡 

記事を読む »

日本政府の基本エネルギー政策

2019年01月09日(水)1:28 PM
 政府はエネルギー基本計画で再生エネを「主力電源」と位置づけ、電源に占める割合を現状の 16%から30年度に22~24%まで上げる目標を掲げる。太陽光は現状が5%で、30年度は7%を 目指す。  一方で18年秋には、九州電力管内で太陽光発電が一時的に余り、電力会社が買い取り切れない ということもあった。太陽光うをうまく使うインフラ作りも課題になる。 (日経新聞1月9日より抜粋)

記事を読む »

イオンと関西電力は2019年度にも家庭の太陽光発電で作った電力を店舗で使う仕組み作りに乗り出す。消費者は電気自動車(EV)に電力をためてイオンの店舗に運び、買い物ポイントと交換する。太陽光の電力を高く買い取る仕組みは19年から10年間の期限が切れ始める。再生可能エネルギーを地域で無駄なく活用して事業に生かす動きが広がってきた。 千葉市内のイオンで実証実験する=一部画像処理しています 太陽光発電普及・・・

記事を読む »

2018年に日本を襲った豪雨や地震は、太陽光や風など自然の力で電気を起こす再生可能エネルギーの脆弱さを浮き彫りにした。化石燃料の消費を抑え核廃棄物が発生する問題もなく、期待は大きい。災害への耐久性を高めなければ、主力の電源として信頼は得られない。技術的な課題ははっきりしてきた。定着に向けて力を注ぐときだ。 西日本を中心に200人を超える死者を出した7月の記録的な豪雨。河川の氾濫や土砂災害などが起き・・・

記事を読む »

停電時に備えて

2018年11月02日(金)12:47 PM
  次世代エネルギー業界の調査・広報などを行う「タイナビ総研」を運営するグッドフェローズ(東京・品川)は2018年10月29日、自宅に太陽光発電システムを設置するユーザーを対象とした「太陽光発電と停電に関するアンケート調査」の結果を発表した。 それによると、回答者の41.1%が太陽光発電の設置後に「停電を経験した」と回答し、うち55.2%が「停電時に太陽光発電があって便利と感じた」と回答・・・

記事を読む »

太陽光+蓄電池で電気代を削減へ!!

2018年10月31日(水)11:26 AM
  ブログでも以前からお伝えしてきましたが、 太陽光発電の2019年問題はもうご存知ですか? 住宅での太陽光発電の電気の買い取り制度(FIT)が10年間の契約期限を迎えて 2019年から順次終了していく問題ですね!   👇10月25日付の日本経済新聞で気になる記事がありましたので抜粋します。   東京電力ホールディングス(HD)は24日、2019年から・・・

記事を読む »

   太陽光システム設置住宅、停電時の電気利用が明らかに                                                                                                                                             太陽光発電協会が調査                   太陽・・・

記事を読む »

次のページへ »