外壁塗装塗り替えの目安

2018年09月26日(水)1:43 PM

前回、外壁を塗り替えなければならない理由をお伝えしましたが、

今回は、メンテナンス費用を最小限に抑える方法についてご案内します♪

 

ポイントは予防治療です。

雨漏りになる前に適切なタイミングで外壁を塗り替えることが、

最も費用の掛からないメンテナンス方法になります。

 

☟実際によく見られる症状をいくつか挙げてみます。

□チョーキング

外壁の表面をこすると白い粉が手に付く

 

□木部の浮きはがれ

雨風や太陽光の影響で木が伸び縮みして塗膜が浮いたりはがれている状態

放っておくと木が腐れてしまいます。

 

□雨樋の劣化

雨風や太陽光の影響で樋が変形してしう。

また取付金属がサビて折れてしまうと、

そこから雨水が溢れ出てその周辺の劣化を早めてしまいます。

 

□変色

外壁に汚れがこびり付いたりカビやコケが繁殖している状態。

 

□ひび割れ(クラック)

大きなひび割れを放っておくと、この隙間から雨水が入り家を腐らせます。

 

□鉄部の錆び

鉄部は塗料の保護がなくなると雨水の影響でサビ付いてしまいます。

放っておくと雨漏りし、サビ汁により家を汚してしまいます。

 

□シーリングの劣化(継ぎ目のゴムのような素材)

弾力性がなくなり、ひび割れや隙間が発生します。

この隙間から雨水が入り家を腐らせます。

 

当てはまるものはありますか??

全て塗り替えのサインなので休みの日に一度我が家をぐるっと

見回してみてください♪

建物の資産価値を守ると同時にメンテナンス費用を抑えるためにも、

タイミングよく塗り替えること考えてみてはいかがでしょうか?✨

 

リフォームに少しでもご興味がございましたら、

お気軽にお問い合わせください 😛 

  |